So-net無料ブログ作成
検索選択

ITALIAN PROGRESSIVE ROCK FESTIVAL Autumn to Spring Vol.2 [音楽系]

先日、川崎のクラブチッタに、
ITALIAN PROGRESSIVE ROCK FESTIVAL  Autumn to Spring Vol.2
『ロマンの誕生』、観に行ってきました。

2日目と3日目に参加しました。

2日目、トップ、Le Ormeでした。

Vo,G,B,Dr,Keyの5人編成でした。

正直、Le Orme、熱心に聴き込んでこなかったのですが、
イタリアらしいメロディと流石の演奏力(特にBの人のVocal!)で、
幸せな時間、過ごせました。

席、前の方でしたが、端っこすぎて、Drの顔、アンコール時にやっと見れました。

2日目のトリ、I POOHでした。

正規メンバー3人に、サポートのDrとKeyの5人編成でした。

イタリアのメジャーバンドだけあって、奏でられるメロディ、音のスケール感等、
魅せるステージという点で、他バンド、凌駕してました。

Gの人の奏でる哀愁のメロディに、やられました。。。


3日目、トップ、LOCANDA DELLE FATEでした。

Vo,G,B,D,Key×2の6人編成でした。

1stアルバムの緻密な構成、好きで、良く聴いてたので、
ライブの1曲目、1stの1曲目で、ワクワク&ゾクゾクしました。

やっぱ、曲中のピアノの音&メロディー、大好きでした。


3日目のトリも、I POOHでした。

前日と同じ、メンバー3人に、サポートのDrとKeyの5人編成でした。

前日より、かなり後ろの席だったので、圧倒的なPOOHのスケール感、体感できました。

前日と演奏曲目殆んど同じだったせいか、めっさ楽しめました。

Viva, I POOH!!!


公演物販グッズ、購入しました。

特製パンフレットです。

iprf216.jpg

内容、全アーティストのインタビュー他でした。


フェスティバルTシャツです。

iprf217.jpg

パンフレットと同じ図柄でした。。。


I POOH Tシャツです。

iprf218.jpg

PARSIFALのジャケ図柄でした。


FORMULA 3、アルベルト・ラディウスの病気後のリハビリのため、来日中止でした。
楽しみにしていただけに非常に残念でした。
次回、来ること、期待します。


今から、第3弾の開催、楽しみです。

Jane Birkin sings Serge Gainsbourg "VIA JAPAN" [音楽系]

先日、東京国際フォーラムに、
Jane Birkin sings Serge Gainsbourg "VIA JAPAN"、
観に行ってきました。

ライブ始まって数曲、Janeの声、良く出てて、かなり上手く歌ってたんですが、
曲、進む毎に、のど、温まってきたのか(?)、ウィスパーボイス、出てきて、
やっぱJaneは、こうでなくっちゃと思いました。。。

Sergeの生み出したメロディとJaneのウィスパーボイスの相乗効果で、
曲によって、凄まじいまでの儚さ、醸し出してました。

金子飛鳥さんのバイオリン、スローなテンポの曲で、泣きまくってて、
Sergeの生み出したメロディの良さ、際立たせてました。

本編21曲、アンコール3曲で、2時間弱も、演ってくれました。

昨年10月の娘のシャルロットの来日公演から始まって、
映画ゲンスブールと女たち』の日本公開、
Janeの2011年2回目の来日公演と、
ゲンスブール祭り状態の一年でした。

ライブ後、めっちゃ優しい気持ちになりました。


ITALIAN PROGRESSIVE ROCK FESTIVAL Autumn to Spring Vol.1 [音楽系]

先日、クラブチッタに、ITALIAN PROGRESSIVE ROCK FESTIVAL
Autumn to Spring Vol.1の2日目、観に行ってきました。

出演バンド、
IL BALLETTO DI BRONZO
ARTI & MESTIERI
GOBLIN
でした。

トップバッター、IL BALLETTO DI BRONZOでした。
Gianni Leone、仮面付けて、登場しました。

アグレッシブなアレンジで、『ys』の曲、中心に演ってくれました。

途中、観客の手にスタンプ押して回ったり、ステージからビラ撒いたり、
個性的なパフォーマンスでした。

前回の来日公演、見逃していたので、今回、観れて、めっちゃ嬉しかったです。


2番目、ARTI & MESTIERIでした。

前回の公演と比べて、奏者、少なかったですが、オリジナル・ギタリストの
Gigi Venegoni参加してて、ノリの良い、まとまった演奏、繰り広げました。

『TILT』と『Giro Di Valzer Per Domani』の曲、中心でした。

途中、ボーカルの人、ステージから紙飛行機、飛ばしたりしてました。


トリ、GOBLINでした。

『サスペリア2』『ゾンビ』『ローラー』他からの曲、演奏しました。

さすが、イタリアン・ゴシック・ホラーの巨匠だけあって、手に汗握る熱演でした。

映画のワンシーン流すなど、スクリーン、効果的に使ったステージ、楽しめました。

スキンヘッド、3人いて、最初、違和感ありましたが、途中から、気にならなくなりました。


3バンドとも、キーボード好きには、堪らなかったです。

Viva, Italian Rock!!!


Tシャツとプログラム、買いました。

iprf01.jpg


フェスティバルTシャツパンフレットです。

ポスター付いてきました。

デザイン、最高でした。


おまけ

近くのヴィレッジ ヴァンガードに、買い物行きました。

ボールペンとマグネット、購入しました。

villege02.jpg


恐竜マグネットとエジプト土産風ボールペンです。

お気に入りです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。